ワードプレステーマ検索
×
キーワード
価格
カテゴリー
提供元
評価
※ 入力したキーワードが、テンプレート名に含むものを絞り込みます。
のテーマ
テーマ掲載数0 テーマ利用サイト事例数0 (2022/09/28更新)

カフェ向けおすすめワードプレステーマを徹底解説

URLをコピーする
URLをコピーしました!

カフェのホームページを作成するために、制作会社に依頼すると数十万円と請求されるが、できるだけコストを抑えてホームページを作成したいと考えていないでしょうか?

ワードプレステーマを利用すると、低コストでプロ顔負けなホームページを簡単に作成することができます。

ただ、カフェ用のワードプレステーマを探しているが、販売されているテーマがありすぎて結局どれを使えばいいのかわからない!と考えている方は、多いと思います。

現役でエンジニアをしている私が、カフェのホームページを作成するにあたって、必要とされる項目を踏まえて、カフェ向けテーマを徹底比較をしましたので、参考にしてみてください。

この記事で、こんなお悩みを解決できます
  • ワードプレステーマを選ぶ際のポイント・注意点について
  • カフェのホームページで必要とされる機能について
  • おすすめのカフェ向けワードプレステーマについて
目次

ワードプレスとは

ワードプレスについて、ご存知かと思いますが、簡単に説明します。

ワードプレスとは、「ホームページ」や「ブログ」を簡単に作成・運営することができるツール(CMS)です。

日本シェア率は、約50%以上のホームページがワードプレスで作成されています。またワードプレスのシェア率は年々増加傾向にあり、信頼されているツールであるため、特にWeb知識が低いと感じる場合は、ワードプレスを利用することをおすすめします。

ワードプレスのテーマは、無料テーマから有料テーマがあり、有料テーマの相場としては、5000円〜50000円程度になります。金額が高ければいいというわけでもないが、機能がたくさんあるテーマは、金額的に少し高くなる傾向にあります。

ただ、制作会社に制作依頼することを考えると、格段に安いことには変わりありません。

ワードプレステーマを選ぶ際のポイント・注意点

それでは、ワードプレステーマを選ぶ際のポイント・注意点について解説します。

ワードプレステーマを選ぶ際のポイント・注意点
  • 日本語対応のテーマであること
  • サポート体制が整っていること
  • アップデート対応頻度が多いこと

日本語対応のワードプレステーマであること

まず第一に、日本語対応のワードプレステーマを選ぶことをおすすめします。これは、当たり前と思うかもしれませんが、意外と大事なことです。

日本語対応されていないテーマを選んでしまうと、困ったことがあっても、どう問合せをすればいいのかわからない。検索しても日本語での情報が全くない。そもそも英語であるためどこの設定をさわればいいかわからないみたいな状況に陥ります。

みんぷれ

エンジニアの私でも英語テーマは絶対使いません。気になったことがあっても情報がないし。。。

英語に自信があるから、日本語対応されていなくても問題ないと考えている方もいるかもしれませんが、私は情報の観点からもおすすめできません。(ご参考までに)

サポート体制が整っていること

サポート体制が整っていることはとても大切です。

選ぼうとしているテーマ公式サイトで、マニュアル記事がしっかり整っている事や、問合せフォームなどで質問が可能であることを確認しておくべきです。

みんぷれ

購入したテーマの提供元に連絡がとれないなど、そもそも不信感しかないですね。

テーマのアップデート頻度が高いもの

テーマのアップデート対応がされているかは非常に大切です。

前提として、ワードプレステーマは、ワードプレスというツールの上で動くテーマを各事業者が開発して販売しています。

そのため、ワードプレスがアップデートするタイミングで、その利用しているテーマで不具合が生じる可能性は、少なくはないです。

公式サイトでテーマのバージョンアップのお知らせなどがあることを確認すようにしましょう。

カフェ向けワードプレステーマで必要とされる機能とは

カフェのホームページを作成するにあたって、特に重要視するべきポイントとしては、ユーザーがホームページを見たときに、「行ってみたい」と興味をもってもらえることが重要です。

現在のカフェの集客方法としては、Instagram・twitter・GoogleMapなどのSNSや食べログ・ぐるなびなどのポータルサイトから集客をすることが多いと思います。

そこから、ホームページに誘導し、ユーザーを惹きつけるための施策が必要だと思います。

SEOに強いことはもちろん必要ですが、そのホームページを見て、店舗のアピールポイントを前面に打ち出して、ユーザーを惹きつけれる方がカフェのホームページ制作では最も重要な点です。

それでは、細かい詳細についてみていきましょう。

カフェ向けワードプレステーマで必要とされる機能

  • トップページにインパクトある画像や動画が表示できるテーマ
  • 視覚からユーザーの興味を惹きつけることができるレイアウトデザインのテーマ
  • 画像付きメニューの料金表が作成できるテーマ

トップページにインパクトある画像や動画を表示できる

ホームページにアクセスされ1番最初の画面に表示されることを、ファーストビューと呼びます。

このファーストビューで、ユーザーがホームページを離脱するかしないかが大きく影響します。

ファーストビューで、ユーザーを惹きつけるための、制作する店舗のアピールポイントが伝わる画像や動画を表示させることを心がけましょう。

カフェでのホームページ集客で最も肝となる部分になります。

視覚からユーザーの興味を惹きつけることができるレイアウト

カフェ向けワードプレステーマを選ぶ際には、レイアウトがお洒落なテーマを選ぶことが必要です。

綺麗でお洒落な画像を並べるだけでも、立派なホームページを作成することができますが、それに加えて、レイアウトデザインが優れている方が、より魅力を最大限に発揮させることができます。ちょっとした違いだけでも、ユーザーへの興味の与え方をよくすることができます。

おすすめレイアウト例

  • 画像に文言を重ねることができるレイアウト
  • 縦文字表示ができるレイアウト
  • 動的表示のレイアウト(フワッと下から表示されるなど)

画像付きメニューの料金表が作成できる

メニューの料金表が作成できるのは、最低限必要だと感じます。どういうものを提供しているかがよりわかり安くするためです。

それに加えて、画像があればよりユーザーとしても、店舗に行った時のことを想像させることができます。

カフェ向けおすすめワードプレステーマ

それでは、上記で述べたテーマ選びでの注意点やポイントを踏まえて、カフェ向けおすすめワードプレステーマを解説したいと思います。

テーマ価格リンク
Tree25,800円(税込)無料でデモサイトを見る
Switch24,800円(税込)無料でデモサイトを見る
Sweety11,980円(税込)無料でデモサイトを見る

【1位】TCDテーマ「Tree」

カフェのホームページ制作で、最もおすすめしたいテーマは、「Tree」です。これまで述べた項目の機能が全て揃っている点がこの評価になります。

金額的には、25,800円と少し高いと思われるかもしれませんが、このクオリティーのホームページを制作会社に依頼し、0ベースで請け負うには、約50万以上はかかります。

エンジニアである私としても、このクオリティーのホームページをこんな破格の値段で作成されてしまうと困るくらい安いと感じます。

提供元がTCDであるため、サポート体制などは安心して頂いて大丈夫です。

【2位】TCDテーマ「Switch」

第2位は「Switch」です。Switchは、スタイリッシュかつ動的なページが作成できるワードプレステーマです。金額は、24,800円で「Tree」とあまり変わらず少し高めです。

1位のTreeと差はあまりないですが、デザイン性に関して「Tree」の方が一歩上手だと感じています。デザインについて、好みもあると思いますので、カフェ向けワードプレステーマ選びでは、「Tree」と「Switch」で比較検討することをおすすめします。

提供元がTCDであるため、サポート体制などは安心して頂いて大丈夫です。

【3位】TCDテーマ「SWEETY」

第3位は「SWEETY」です。TCDが作成テーマですが、作成されたのが昔に作成されているため、レイアウトやデザインが少し古い印象があります。金額は、11,980円と安く設定されているため、ライトにとりあえずホームページを作成したいと考えている方には、おすすめできるテーマです。

カフェ向けおすすめワードプレステーマまとめ

いかがだったでしょうか。

ワードプレスでカフェのホームページを作成を考えている方は、SEOについて意識することも大切ですが、どちらかというと、レイアウトやデザインに注目して、どうユーザーにアピールすることができるかという観点で選ぶことをおすすめします。

そこで、カフェ向けワードプレステーマにおいては、TCDテーマの「Tree」と「Switch」が圧倒的におすすめできます。ワードプレステーマの中では、金額的に少し高いと感じられるかもしれませんが、制作会社に依頼することを考えると、破格の安さです。

もし、金額で悩まれている方は、ワードプレスのテーマは、テンプレート化することによって、ここまでの費用まで抑えることができていることを踏まえて、判断してみるのもよいと思います。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる